普段はどれくらいジェルが持つのか?〜ハンドネイル編〜

 

 

ふと思ったことがあって、ジェルネイルってどのくらい持つのだろう?


 

 

確かにジェルネイルの持ちって意外とわからないですよね。今回はそんなジェルネイルの持ちについていろんな人に聞いてみた結果を一部紹介するわね!


 

(30代主婦)サロンで施術した時は4週間持った
(10代学生)10日程でジェルが爪から浮いてくる
(40代主婦)サロンで施術したけど3週間持たない
(20代事務職)10日くらいで根本から剥がれてきた
(20代主婦)1週間くらいでジェルが剥がれる
(20代IT関係)2週間くらいで半分以上が剥がれる
(10代学生)2週間が限界!

 

 

このように、結果的には1週間〜4週間程度と幅広かったわね!


チェック!
  • 最短で1週間程度
  • 最長は4週間程度
  • 平均すると、2週間〜3週間程度

 

ちなみにフットの場合、足の指先を使う用途があまりなく、爪が伸びるのも遅いため、持ちも2ヶ月程度と結構長く持ってくれます。

 

 

 

なぜジェルの持ちに差ができるのか?なぜ持ちが悪いのか?

 

 

なぜこんなにも差ができるのだろう?


 

 

それはね、その人の体質であったり、私生活の状況、技術不足などによってもジェルの持ちに差ができてくるわ!とにかく、原因は色々とあるけど、その中でも特に多かった項目をピックアップしてみたから参考にしてみて!


 

 

 

爪が薄い人や、二枚爪の人は持ちが悪くなる

 

薄い爪

 

爪が薄いと、爪のしなりや動きがジェルに耐え切れなくなってしまい、ジェルと爪の密着部分に負担がかかり、浮きやすくなってしまいます。それにより、ジェルの持ちが悪くなってしまいます。

 

二枚爪は、凹凸が多くなるため、ジェルと爪の間に隙間が生じやすく、ジェルが浮きやすい状態になってしまうため、ジェルの持ちがどうしても悪くなってしまいます。

 

 

 

私生活でどのくらい爪を気にしているかによって変わってくる

皿洗い

 

ジェルはもちろん指先に施術しますから、どうしても手の部分って私生活で絶対に使う部分です。なので、「どれだけ爪を気にしているか」によってジェルの持ちも変わっていきます。

 

例えば、主婦などは水仕事が多いので、洗い物やお風呂掃除など水を使う仕事はどうしてもジェルが浮きやすくなってしまいます。会社員の方はパソコンを毎日使っていることが多く、どうしても爪に負担をかけてしまいかねません。学生の方でも神経質になって爪を気にすると言うかたは多くないはずです。

 

 

 

仕事でどのくらい指先を使うかによって変わる

パソコンと爪

 

毎日仕事や学校、プライベートなどで指先を使うことが多いですが、特にパソコンやスマホを毎日触る人、水仕事を毎日する人は爪に負担がかかってしまため、ジェルが浮いてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

IT関係や学生、主婦、介護関係の方は特にジェルの持ちが悪いかもしれないですね・・・。


 

 

 

毎日使う洗剤の影響によって変わる

洗剤

 

主婦の方や水仕事を頻繁にする方は当然、皿洗いなどの食器用洗剤を使うかと思うので、爪に負担がかかってしまい、ジェルの持ちも悪くなってきます。もちろん、洗浄力の強い洗剤を使っている方ほど、爪へのダメージが強く影響していきます。

 

 

どうしても洗剤を使わなきゃいけない場合って爪への負担を抑えるような洗剤はないのかな?


 

 

それなら洗浄力の弱い洗剤がおすすめよ!例えば、食器用洗剤の中でも界面活性剤があまり含まれていないものがおすすめ!


 

食器用洗剤の成分表に「脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム」が合計で40%以上含まれているものはやめておきましょう!界面活性剤のメリットは頑固な汚れなどを落としてくれて皿洗いもかなり楽なのですが、爪への影響が大きいので、ジェルネイルをしている方はなるべく控えた方が良い成分です。

 

 

 

施術者の技術不足

ネイル技術

 

技術不足に関しては2パターンあります。一つはセルフで施術した場合の自分の技術不足。もう一つはネイルサロン先のネイリストの技術不足が当てはまります。

 

セルフジェルネイルの場合

ほとんどの方がネットや雑誌を見ながらの独学でジェルネイルをやっている方が多いと思います。

 

その際、特に初心者の方は技術面がまだまだのところがあり、手を抜きがちになってしまうことが多いと思います。

 

例えば、以下の4つです。

  • 下処理不足
  • 施術時に皮膚に付いてしまう
  • 爪の先端をしっかりとカバーできていない
  • ジェルの厚みが足りない

このような技術不足によってジェルが浮いてしまって持ちが悪くなりがちになってしまいます。

 

 

ネイルサロンの場合

ネイリストの腕次第と言うことも当てはまります。ネイルサロンでも高いところなら安心だと思っている方は要注意です!

 

値段が高くても、実際にはネイリストの経験が浅く、技術面を強化している最中のところだとジェルネイルの持ちが今一つと言う感じもあるからです。ネイルサロンでも初心者が担当にならないようにチェックするのもポイントです。

 

 

 

使うジェルによって変わる

使うジェル

 

施術するジェルによっても持ちが良し悪しの差が出てきてしまいます。

 

安いジェルの場合、国産ではなく輸入したジェルを使っていることが多く、質も国産には及ばないこともあり、持ちが悪い結果になってしまいます。

 

高いジェルの場合、全部とは言い切れませんが、ほとんど国産のジェルになっていることもあり、より密着性のある成分を使って持ちを良くしています。

 

なので、なるべく安いジェルではなく、高いジェルを使った方が「持ち」が長くなるので、頭の片隅にでも覚えておいてください。

 

 

参考までに!ネイリストによれば、2週間持てばジェルとしての役割は果たせているみたいよ!


 

 

なぜ?


 

 

それはね、2週間もすれば当然、爪も伸びてくるのでジェルの持ちの保証はできないからよ!ちなみに、ポリッシュやマニキュアなどは持ちが短くてポリッシュネイルの場合は1週間程度。マニキュアの場合は1週間持たないくらいなの。


 

 

 

ジェルの持ちを良くするためにはどうするのがおすすめか!

 

 

ジェルの持ちが悪くなることはわかったけど、逆に持ちを良くするにはどうすればいいの?


 

 

それじゃぁ、ジェルネイルの持ちを良くする秘訣を紹介するわ!


 

 

 

ネイルオイルなどで甘皮を保湿

ネイルオイル

 

まずは爪を保護するのがとにかく大事!

 

特に甘皮の保湿ケアをするかしないかでジェルネイルの持ちが変わってきます。ジェルネイルの下処理で甘皮をニッパーなどで取りますが、その際に爪の根本部分をも傷つけてしまうこともありますし、乾燥しやすくもなってしまいます。

 

すると、爪が弱くなってしまったり、爪がしなりやすくなってしまい、ジェルの浮き(リフト)の原因を作ってしまう可能性があるからです。

 

なので、甘皮をしっかりと保湿することでジェルを浮かないようにし、持ちを良くするメリットがあります。

 

 

 

トップコートは週1で塗って爪を保護

トップネイル

 

トップコートは浮いてきそうなジェルを抑える効果があるため、週に1回はトップコートを塗って爪を保護してあげます。

 

でも、長く放置してしまった爪にトップコートを塗ってしまうと、浮いた爪の中に菌が入ってしまい、カビが生えてしまう可能性があるので、2、3週間放置した爪にトップコートを塗るのは止めておいた方が無難です!

 

 

 

ジェルを厚めに塗る

厚いネイル

 

ジェルは薄めに塗ってしまうと、空気が入りやすくなってしまうため、すぐに爪からジェルが剥がれやすくなってしまいます。

 

ジェルの持ちを良くしたいのであれば、ジェルを厚めに塗って空気を入りにくくすることが大事!

 

 

ここでちょっとポイントがあるから説明するわね!爪に塗る際にはフチを徹底的に塗ることも忘れないで!そうしないとジェルが剥がれやすくなってしまうわ!


 

 

 

ジェルネイルの前に下準備

爪 削る

 

ジェルの持ちを最大限発揮するにはジェルの施術中だけでなく、ジェルを塗る前も大事!

 

ジェルの下準備は疎かにしてしまいがちですが、やるとやらないとではジェルの持ちが全然違っていきます。

 

理想はエメリーボードで爪を削って整え、甘皮処理、ダスト除去、油分除去、そして爪の面をサンディングと言う具合に下準備をする方がより、ジェルを密着することができるのですが、まだジェルネイルの知識がない方や爪が薄い方、弱い方がやると爪への負担が強いため、爪の面のサンディングはやらない方が良いでしょう。

 

 

 

髪を洗う際はシャンプーブラシを使う

シャンプーブラシ

 

シャンプーする際、指先に力を入れるため、どうしても爪に塗ったジェルが傷みやすくなってしまいます。

 

毎日必ずシャンプーはしますから、爪に負担をかけさせないためにもシャンプーブラシは持っていた方が便利です。

 

 

 

水仕事がある際には必ずゴム手袋を使って爪を保護する

ゴム手袋

 

ジェルネイルをする人にとっては「水」は天敵です。ジェルの性質上、水や湿気などに弱いため、毎日水仕事をしている人は死活問題!

 

また、水に触れた後は、どうしても乾燥しやすくなるので、爪が割れやすくなってしまったり、水が爪とジェルとの間に入り込んでしまって浮きやすく(リフトしやすく)なってしまいかねません。

 

そうならないためにも、ジェルネイルをしている人は爪に気を使ってゴム手袋を着用し爪を保護することが大切です。

 

ゴム手袋はジェルネイルのためと言いましたが、その他にも手のかぶれ、指先のしもやけも防ぐことができるのでおすすめです!

 

 

 

爪を切らないこと

爪切りダメ

 

ジェルネイルをしている状態で、爪切りなどで爪を切ってしまうと、爪へのダメージがかなり強いので絶対にNGです!

 

また、ジェルの持ちを良くするために爪先のエッジ部分まで塗っているので、先端の爪を切ってしまうと密着していたジェルも剥がれやすくなってしまいます。

 

 

どうしても爪を切りたい場合ってどうすればいいの?


 

 

そんな場合は仕方がないので、次のジェルネイルの施術まで爪やすり(ファイル)で短くするのがおすすめよ!爪への負担が少しだけでも減るわよ!


 

 

 

ジェルネイルが浮いてきた(リフトした)時の対処方法

 

 

もし、ジェルが浮いてきてしまった場合はどうすればいいの?


 

 

爪が浮いてしまう原因は3つあるわ!どこから浮いたのかによって対策方法は違ってくるわ!


 

ジェルが浮いてしまう原因とその対処法を詳しく紹介してある記事があります。もっと詳しく知りたいのであれば、こちらの記事を参考にして下さい。

 

また、ジェルが浮いた(リフトした)時に放置するのも危険なので注意しましょう!
詳しい説明はこちらの記事<ジェルネイルの放置>でご紹介していますが、さらっと説明すると、ジェルネイルはずっと放置していると最悪の場合、カビになることにも繋がってしまいます。なので、無理やり長期間のジェルネイルはしないようにすることが大切です!

 

 

 

定期的にネイルサロンで見てもらうのもアリ!

ネイルサロン

 

いつもはセルフジェルネイルで気軽にやりたい時にジェルネイルを施術すれば良いのですが、グリーンネイルが気になる方は2週間に一度や3週間に一度、ネイルサロンで見てもらうのも一つの予防線です。

 

 

自分ではグリーンネイルとわからないことが多いためだね!


 

 

そうね!グリーンネイルになってしまったら完治する間は何にもネイルができない状態になってしまうからね。


 

 

 

ジェルの付け替え時は3週間程度が理想的!

ネイル付け替え

 

 

 

ふと思ったんだけど、ジェルの付け替えってどれくらいが理想なの?


 

 

理想の期間は3週間程度よ!


 

1ヶ月以上もジェルを付けたままにすると、爪が伸びてきて根本部分が保護されていない状態になるため、爪先端に負担がかかってしまい、亀裂が入ってしまう原因を作ってしまうため、ちょうどジェルが浮きやすくなってしまう3週間程度がおすすめ!

 

爪が浮いてきたときにトップコートを塗って持ちをカバーする方法もありますが、隙間から入った雑菌などが原因で最悪の場合、カビが生えてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

いつも1週間程度でジェルをオフするのは危険!

 

 

ジェルネイルをしていて、いつも1週間くらいでジェルが浮いてしまう方っている?


 

 

私、当てはまるわ。やり方が悪いのかわからないけど、すぐジェルが浮いちゃうの。だから一度オフしてから、またジェルネイルを施術するわ!


 

 

それはあまりやらない方がいいわよ!見栄えは完璧だけど、爪への影響がかなり「ヤバイ」わよ!


 

毎週のようにジェルを落としていくと、自爪に相当な負担がかかってしまいます。爪に負担がかかりすぎると、自爪が弱くなってしまったり、爪がペラペラになってしまったりと、ジェルネイル云々の話でなくなってしまいます。下手したらジェルネイル自体が当分、できない爪になってしまう可能性も否定できません!

 

 

それはマジヤバイじゃん!?


 

 

そうね!だから、ジェルネイルのやり方をもう一度見直すことが大切ね!


 

 

 

ジェルの持ちが良いおすすめのジェルネイルショップ5選!

 

 

今までジェルの持ちについて色々と教えてもらっていたけど、実際に持ちが良いジェルってどんなのがあるの?


 

 

では、最後に持ちが良いおすすめのジェルネイルショップを紹介しておくわね!


 

グランジェ

グランジェ

グランジェのジェルはトルエンやホルムアルデヒド、フタル酸ジブチルなどの有機溶剤を一切使用していないので安全性が高く、初めての方でも使いやすいジェルポリッシュタイプになっています。

 

また、爪を削らなくても良いタイプなので「持ちは大丈夫?」と思うかもしれませんが、特殊な成分を使用しているため、ノンサンディングでもジェルの持ちが2週間以上キープすることが可能です!

 

ジェルも国産と言うだけあって質も高く、持ち・色・ツヤともに申し分ない感じになっています。

シャイニージェル

シャイニージェルロゴ

ジェルの中の成分はすべて国産なので、セルフネイラーからプロまで幅広く使われているジェルネイルです。

 

持ちの良さは人それぞれになり、1週間と言う人もいれば2週間以上持つ人もいます。ただ、爪に優しい「弱酸性」と言うこともあり、爪への負担が少ないのがポイント高め!

 

それに、シャイニージェルはぷっくりと盛れることもあり、厚みを出したい方にもおすすめできるジェルですね!

ソルースジェル

ソルースジェルロゴ

公式サイトでも2〜3週間くらいは持つことを説明しています。

 

なので、しっかりと下準備をして、正しいジェルネイルの施術方法をすれば、だれでも2〜3週間は持ってくれると言うことになりますね!

 

ただ、やっぱり完璧には出来ないことが多いので、「2週間くらい持てばいいや!」的な感じで思っておいた方が良いかと思います。

 

ソルースジェルの魅力はポリッシュ型ジェルのため、筆がいらず、手軽に施術できます。LEDライトもドーム型なのでハンド用はもちろんのこと、フット用まで施術することが可能です!

フェムネイル

フェムネイルロゴ

プリジェルやパラジェルなどのブランドをはじめ、多くのブランドを取り揃えているジェルネイルショップです。その取扱商品数はなんと3000点以上とかなり豊富です。

 

特にフェムネイルで人気なのがプリジェルで、ネットの口コミでも「持ちが良い」と評判があるジェルになっています。ネイルサロンでもプリジェルを使っているところもあると言うくらいなので、その持ちの良さもうなずけます。

グルービーネイル

グルービーネイルロゴ

グルービーネイルの筆は優秀で、グルービーネイルのキッドにも付属している筆はかなり塗り易くて評判があります。

 

ちょっと力を入れて塗ってもムラにならないこともあり、初心者の方でも安心して使える筆になっています。筆が良いとジェルをキレイに塗ることができるので、持ちもかなり良くなるかと思います。

 

また、初心者の方には嬉しい、グルービーネイルのキットにはネイルオイルや色々なネイルグッズも一緒に付いてくるので、買う手間が省けます。

 

 

 

サロンよりもセルフの方がコスパや時間効率が断然良い!

女性嬉しい

 

 

 

いつもサロンでネイルをしてもらったけど、やっぱり金銭面を考えるとセルフの方がお得かな?


 

 

サロンもセルフもそれぞれメリットやデメリットはあるけど、私ならセルフ推しね!


 

サロンでジェルネイルをしてもらうと可愛いデザインに仕上げてくれますが、その分、施術代として、平均でも5,000円程度はかかってしまいます。

 

それに、リペア(補修)代もかかってくるので、1,000円、2,000円と更にお金が増えてしまいます。

 

毎月行くはめになってしまいますから、月に5、6千円はかかってしまいます。特に、主婦の方は子育てや家事など、かなり忙しくなることもありますし、移動費もかかってくるので金銭面に余裕がある方は良いのですが、そうではない方は大変だと思います。

 

 

その点、セルフなら時間も費用も抑えられるのですごい便利なのよ!


 

自宅にいながら空いた時間にささっとセルフジェルネイル!最初にジェルネイル用品はかかってしまいますが、それ以降はネイルサロンよりも全然コストがかからないのでかなり経済的です!

 

ネイルの仕上がりに関してはプロみたいに上手くできないかもしれませんが、日に日に技術が上達していって、セルフネイルが楽しくて仕方がない感じにもなれちゃうので、サロンよりもセルフの方が中毒度は高いです!

 

 

当サイトでは初心者の方や中級者の方にもおすすめできるジェルネイルキットも紹介しているのでよかったら見に来てください!


 

 

 

おすすめのジェルネイルキットはこちら!