爪のピンク色の部分を効率良く伸ばす方法

深爪はストップ!

自爪が短いと人によっては悩みを色々と抱え込む事だってあります。

 

  • 自分の求めているネイルアートが出来ない
  • パッと見た感じ、男みたいな爪に見えてしまう
  • 見た目が可愛くないから短い爪は嫌だ

 

ざっとこんな様な悩みがあるかと思います。

 

もっと爪がキレイになれたらな!

 

そう思っている方に必見!やり方次第では自爪をキレイに伸ばせる方法があるのです!
しっかりとした爪のケアをする事で自分の理想の爪になる事が出来るかもしれないのです。そんな爪のピンク色の部分を効率良く伸ばして爪をキレイに魅せる方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

ポイントはネイルベッドを育てる!ハイポニキュウムを育てる!

ネイルのちょっとした専門用語になるのですが、爪のピンク色の部分を効率良く伸ばす為にはネイルベッドの育成!ハイポニキュウムの育成が鍵になってきます。

 

 

ネイルベッドとは

 

爪と皮膚の間にあるピンク色の部分(爪の中で1番範囲が広いところです)


 

 

ハイポニキュムとは

 

白い爪(フリーエッジ)が伸びている部分と皮膚の間にある薄い皮膚の部分


 

 

理想的な縦長の爪になるメカニズム

ネイルベッドが育つ事によってピンク色の部分がどんどん長くなっていきます。それにより、自爪も長くなってきます。そしてこのネイルベッドを育てる為にはハイポニキュウムと言う部分も育てる必要があるのです。すると、ネイルベッドが長くなりキレイな縦長の爪になれるのです。

 

 

ハイポニキュウムを効率良く育てる為にする事!

ネイルベッドを長くする為にはハイポニキュウムと言われる爪と皮膚の隙間にある薄い皮膚の部分の育成が必要と先程言いました。では、どうやってハイポニキュウムを育てるのでしょうか?その効率の良いポイントをご紹介していきたいと思います。

 

 

深爪に絶対にしない事!

深爪はストップ!


深爪にする事でハイポニキュウムの組織まで切り過ぎてしまう事になってしまいます。すると、ネイルベッドも育ちが悪くなってしまい、短い爪のままになってしまうのです。
なので、爪を切る際には必ずフリーエッジ(白い爪の部分)を2〜3mm程度残すようにしましょう!

 

 

 

自爪を補強する事!

自爪を補強する


縦長の爪にする為には長い長い根気が必要になってきます。最初は注意をしていてもいつのまにか爪で何かを触ったり強い衝撃を与えてしまう可能性だって十分にあります。
なので、自爪を補強してある程度強い爪にすることが必要です。爪を補強するにはジェルネイルがオススメです。

 

 

 

爪の裏側のケアを怠らない!

爪の裏側のケア


爪の裏側、ハイポニキュウムのケアを怠らないようにするのです。先程も言ったようにハイポニキュウムが成長すればネイルベッド(ピンク色の部分)も一緒に押し上げてくれるので縦長の爪になる事が出来るのです。
ハイポニキュウムのケアをする際にはオイルを塗ったりするとベストです!

 

でも、ハイポニキュウムは乾燥しやすくゴミや垢がよく溜まってしまう所なのでマメなケアが大切です。

 

よくゴミや垢が溜まっていたら爪でガリガリやってしまい爪を傷つけてしまう恐れがあるのでご注意を!

 

 

爪が男爪みたいに横に長い場合

爪が男爪にたいな場合

自爪が男みたいな横長な爪になっている場合は根気が必要になってきます。長い人は1年間くらいと努力しなければ横爪が縦長の爪になってくれないのです。
縦長の爪になる方法をご紹介します。

 

まずはジェルネイルをした状態にし、そして左右から圧迫をかけた状態にするのです。すると、伸びた爪を支えようと爪下の皮膚が伸びていきます。そして圧迫により爪にカーブがつき、縦長の爪が出来上がるのです。カーブもついているので見た目もキレイな爪へ生まれ変わるのです!

 

 

 

当サイトオススメのジェルネイルキット