ジェルネイルでリフトする原因を探る!

原因を探る

  • 爪の先端からリフトしてしまう
  • 爪の根元からリフトしてしまう
  • 爪のサイドからリフトしてしまう

爪のリフトと言ってもどこからリフトしてしまうのかにもよって原因は多少違ってくるものです。
それに、初めてジェルネイルをする人もよくリフトしてしまうケースをよく聞きます。

 

なぜ、すぐにリフトしてしまうのか?

 

理由は本当にいろいろあります。
その中でも特に原因度が高いと見られる原因を参考までにご紹介しますね。

 

リフト全般に言える事

全般に言える事!

最近の各ジェルネイルメーカーでは使用方法が変わっているのです。例えば、サンディングの目安だとかプレプライマーやプライマーの種類だとか、その他の使い方だとか・・・。
使用方法が原因と言う事も有り得ます。

 

自分の使っているジェルネイルキットの使用方法を再度確認してみるのも一つの手だと思いますよ。

 

ちなみにプレプライマーとは爪表面の水分油分を除去するもの。プライマーは自爪とジェルの密着をよくするものです。
プレプライマーを塗ってからプライマーと言う順番です。
プレプライマーとプライマーは別物ですよ!

 

また、もしかしたら自分自身に合わないジェルの可能性だって十分に考えられます。メーカーによってもジェルの成分が異なりますので、すぐリフトしてしまうのであればジェルが自分と合っていないのかも。
そうなればジェル自体を変えてみるのも一つの手かも!

 

爪の先端がすぐリフトしてしまう原因

ジェルを爪の先端に塗る際にジェルの付け忘れがないか?
意外と多いのが爪の先端エッジの付け忘れなのです。先端エッジにジェルをしっかり塗らないとそこからリフトしてしまいます。よくある事例なので覚えておくといいかも!

 

対策

ジェルを塗る際にはペースジェルからトップジェルまで、それに先端は多めにサンディングを入れるなどしておけばリフトしない確立はグッと高くなるはずですよ。

 

爪の根元からリフトしてしまう原因

爪の根元部分って意外と外部からの刺激が最も少ない部分なんです!と、言う事は
1番リフトしにくい部分なのです

 

では、爪の根元からリフトしてしまう人って何が原因なの

 

原因の一つとして自爪の状態が悪い可能性が高いのです。

 

例えば
  • 爪に縦ラインの線が出来ている人
  • キューティクル部分がしっかりと爪に付いてしまっている人
  • 爪に凹凸がある人

などが考えられるのです。

 

対策

キューティクル部分をしっかりと保湿する事!
爪に良い食生活をする事!
ジェルを塗る際には根元と爪の両脇に少し隙間を空けて塗る事!
甘皮部分もジェルを塗らない事!

 

爪のサイドからリフトしてしまう原因

 

ほとんどの方が「プレパレーション不足」だと思います。

 

サンディングした後にしっかりと爪サイド部分にあるゴミなどを取っていますか?
水分油分を除去がうまく出来ていないのかも?(プレプライマーをする)
キューティクル部分(甘皮)の処理が不十分なのかも?

 

ジェルの塗り方と言うよりも下準備(プレパレーション)不足の人達が意外と多いのです。
プチ対策としてストーンプッシャーなどでキレイに除去すれば密着度も上がってうまくいきますよ!

 

安いプッシャーなどは返ってプレパレーションが上手く出来ないのであまりオススメしません。

 

リフトした爪を放置するとどうなってしまうの?

どうなってしまうの?

リフトしたままずっと放置しておくと、爪の病気に繋がってしまいます。

 

グリーンネイル

 

ネイル経験者なら知っている人も多いはず。
ここでは簡単に説明だけしておきます。
グリーンネイルとは爪にカビが生えた状態の事を言います。

 

1番の原因は不衛生なのです。

リフトした爪を放置するととんでもない爪の病気に繋がってしまいますので、本当に注意が必要ですよ!リフトしてしまったらグリーンネイルにならないようにすぐオフすることをオススメします。
とは言っても、私の場合は少しのリフトなら2,3日は様子を見ちゃいます。
そこからリフトが広がって明らかに爪で持ち上がるようであればすぐにでもオフした方がいいですね!

 

リフトしないジェルネイルキットってあるの?

リフトしないジェルネイルキット

激安のジェルネイルキットはリフトしてしまうと言うか、自分に合わないジェルが多いです。

 

その結果、すぐリフトしてしまうって言う感じですね。
なので、基本的には有名なジェルネイルメーカーでしたらリフトはしないと思います。

 

しっかりとジェルネイルキットに入っている「説明書」をよく読んでジェルネイルを施術すれば問題ないかと思います。
当サイトでもオススメなジェルネイルキットもありますので一度参考までにどうぞ!

 

リフトしない爪になる為には?

 

プレパレーションをしっかりと行うようにする

サンディングをしっかりとする事で爪とジェルの密着度も上がるようになりますし、爪の水分や油分を除去する事でもリフトを防ぐ事が出来ます。

 

ベースジェルを上手に塗る

ベースジェルがしっかりと爪に付いていればリフトを防ぐ事ができます。
皮膚にベースジェルが付いてしまっていないか?ジェルを塗りたい所にしっかりとベースジェルを塗ることが大切です。

 

非酸性プライマーを使用する

強酸性のジェルやプライマーを使用するとリフトの原因に繋がっていしまいます。また、プライマーも塗った後はよく乾かしてから重ね塗りなどをする事が大切です。

 

ジェルを塗る際は爪の先端部分から塗ること

根元からジェルを塗ってしまうとジェルが先端にたまりすぎてしまい、先端からリフトしやすくなってしまうからです。
ジェルを先端から塗っておけば、リフトするのを防ぐ事が出来ます。

 

食生活の改善

爪に良いとされる栄養素はたんぱく質(ケラチン)なのです。
カルシウムぢゃないの?と思いがちですが、爪に良い栄養素はたんぱく質が変化したケラチンと言う成分なのです。

 

肉類、魚介類などが当てはまります。それに加えてコラーゲンや鉄分も一緒に摂るとオススメかも!
コラーゲンはたんぱく質の中でも細胞と細胞の間を埋める役割があるので、皮膚に張りをもたらしてくれるのです。
鉄分はそり爪などの爪の変形を予防してくれます。

 

リフトしてしまった場合のリペア・応急処置方法

応急処置

リフトしてしまった爪ってすごい見栄えも悪いし衛生的にも悪いですよね。
リフトしてしまった爪をオフする方法もあるのですが、多少のリフト程度であればリペア(修繕)する事もオススメです。
リペア方法も2パターンあって「ネイルサロンでリペアしてもらう」か「自分でリペアをする」があります。

 

でも、外出先でリフトしてしまった・・・

 

そんな場合は応急処置として便利な方法をご紹介します。

 

買い足す物は「ネイルシール」です。
これはリペアだったりオフする間の仮ネイルです。
100均などでもネイルシールが売っているのですぐ仮リペアする事が出来ます。見栄えも何とか目立たなくする事ができるので良い方法だと思います。
後は、家に帰ってリペアをするのかネイルサロンでリペアしてもらうのかですね!

 

 

 

当サイトオススメのジェルネイルキットはコチラ!