ジェルネイルキット|爪の悩み

紹介画像

爪が弱い人や爪が薄い人でもジェルネイルをしたい!と言う人はいると思います。

 

けど、どのジェルネイルキットを選べばよいのか全然わからないって言うのがほとんどです。

 

当サイトではそう言った爪が弱い人、薄い人でも使えるジェルネイルキットをご紹介します。

 

国産にこだわる!

 

爪が弱い人、爪が薄い人はジェルの製造元が”国産”であるか確認しましょう!

 

やっぱり言えるのが、メイドインジャパンです。
日本の基準は厳しいので、ジェルが国産の場合、品質は良く、安全性にもこだわっています。

 

輸入品の場合はどんな成分が入っているかわかりません。成分表に記載していますが、ニュースなどでもやっているように成分表に記載している以外にも他の成分を含んでいる事例もありましたので、安全とは言い切れません。
それよりも、安全性の高いジェルを使用した方が絶対に良いですよね!

 

なので、ジェルを選ぶ際は必ず”国産”のものを選びましょう!

 

ジェルネイルキットにはサンディング用品は不要!?

一般的にジェルネイルをする場合、爪の表面をファイルやバッジャーなどで自爪を軽く削ってジェルの密着度をあげる作業をします。
ですが、爪が弱い人、薄い人にはサンディングしたらもっと爪が悪くなりかねません。
でも、ジェルネイルをするなら爪の表面をキレイにしたいですよね。

 

そんな時はサンディング不要のジェルネイルキットを選べば良いのです。

 

サンディング不要の場合、自爪を傷める必要がなく、爪が薄くなることもないので、ジェルネイルを楽しむ事が出来るのです。
でも、サンディングしないとジェルの密着度がないのでは?と思いでしょうが、
ジェルネイルキットによっては、凹凸にならない、なめらかなジェルを使用しているので仕上がりもキレイになる事が出来るのです。

 

知っておきたいサンディング事情

ネイルサロンのネイリストさんによってもまちまちですが、お客さんに合わせてサンディングするかしないかを相談して決めるネイルショップもあるのです。
なぜ、サンディングするかしないかを選ぶのかと言うと、その理由はジェルに合ったのです。

 

ジェルには”強酸性”と”弱酸性”があるのです。

 

強酸性は字の如く、強い酸性なのです。
ジェルが強酸性の場合、使い続けていたら爪が溶けてしまう可能性があるのです。この強酸性のジェルはサンディング不要のジェルに多く見かけられます。
なので、ネイルサロンのベテランネイリストさんはサンディングするかしないかの相談をする所もあるのです。その人に合わせたサンディング方法で施行しくれますので安心です。
弱酸性のジェルは爪を丈夫な状態に保てるので使い続けても爪があまり傷まないです。でも、使い方を間違えれば爪を傷んでしまう事もありますので注意が必要です。

 

この事から、ジェルネイルキットを選ぶ基準の一つとしてジェルは弱酸性のものを選ぶ事が重要になってきます。

 

ちなみに、プチ情報として”シャイニージェル”は弱酸性のジェルでした。
PH値を調べる機械で測定した所、弱酸性の値である「PH値5〜6」の間でした。
これがPH値1〜4くらいの値になってくると強酸性ですので注意が必要です。

 

 

 

当サイトお勧めのジェルネイルキット販売店はコチラから!